コールセンターの職場環境で嫌なこと!【これから働く人へ】

ヒカル

はいさい!ヒカルです。


これからコールセンターで働いてみようかな〜と考えている方で、職場環境を知りたい!って思われている方いますよね?


他のバイトと比べたら時給も高いし、なんとなく簡単そうなイメージがあるけど、もしかして職場環境が最悪なのかな?


なんて勝手な妄想が広がりますよね。


今日はそんなあなたへ、ボクが感じたコールセンターの職場環境で嫌なことベスト3をお伝えしていきたいと思います。


入社してイメージと違った!なんてことが起きないように、あえて嫌だなーと思っていたところを包み隠さず書いていきます。

ちょっとリアルなこと書いてあるので予めご了承ください。


コールセンターで嫌だったことベスト3

・その①:コールセンターは生理的に無理な人が多い
・その②:職場環境の空気すべてがわるい
・その③:細かいけど地味に嫌なこと5つ


結論はコールセンターの職場環境はほとんどのところが良くないです!笑


順番に説明していきますね。

その①:コールセンターは生理的に無理な人が多い

生理的に無理な人が多い


ボクはこれがコールセンターの職場環境の中で一番嫌なことでした。


生理的に無理だなと感じる人がめちゃくちゃいました。


ひどいところであれば2人に1人くらいのレベル。笑

ヒカル

もう笑うしかないですよね。


さすがにそこはボクもすぐに辞めましたが、体調とメンタルが崩壊寸前になりました。


コールセンターの規模でも変わってくるかもしれませんが、ボクが働いてきたところは


・1つ目の会社:200人規模
・2つ目の会社:100人規模
・3つ目の会社:30人規模 ※ここが2人に1人いた。


ボクの感覚ですが、規模が多いところだと若い女の子が多いイメージがあります。


なんでコールセンターで働いているの?って思うくらいの可愛い女の子も普通にいました。

ヒカル

しかし、そんな子ばかりじゃないのが現実です。


もう少し具体的に言うと男性であれば

「太った人」「トイレで手を洗わない人」「トイレでやたら鼻くそを便器とかにつけてる人」「鼻毛ボーボーの人」「髪が長くて油っぽい人」「あきらかに汚い服の人」などなど


あげたらきりがないです。もうこれ以上聞きたくないですよね?笑


コールセンターの職場環境って、じつはこんなに汚いです。


正直、ボクが働いていたときは嫌なことしか目につきませんでした。


アルコールスプレーを3本くらい常備したいレベルでした。

ちなみにほぼ毎日コールセンター内ではマスクを着用していました。


マスクはどこの会社も自由に取れるところだったのでよかったです。


もしかしたら、コールセンターの職場環境上どこも配慮してそのようにしているのかもしれないですね。

ヒカル

まずは、これがコールセンターの環境で嫌なことワースト1位でございました!


その②:職場環境の空気がわるい

職場環境の空気がわるい


コールセンターの職場環境で嫌なこと第2位


コールセンター内の空気がわるいこと、また先ほども述べたように至るところに汚いであろう何かが存在することです。

ヒカル

空気に限定した話ではなく、物理的にも汚い要素がたくさんです。


コールセンターの職場環境って基本密閉された空間です。窓を開けることが許されないのか、基本換気することができません。


まあ基本オフィスがビル内にあるので、もしかしたらビルにオフィスを構えているところであれば同じかもしれませんが、それでもやっぱりコールセンターって話すことがお仕事なので、そう考えると・・・じゃないですか?


あとは、コールセンターって席が固定されていないので、毎日違う席に座るんですよね。


ここがまじでボクは嫌だったところです!!


自席があればまだ汚い中にも自分の空間をつくることができるかもしれませんが、それができないので毎日リセットされてしまうんです。

ヒカル

毎朝デスクに座る前にみっちり掃除からスタートですよ。


マウスとかキーボードにまじで手垢がマックスあるんですよ。今書きながら思い出しただけで気分がわるくなりそうです。笑

この席つい先日座ったよな?って席でもすぐに溜まるんです。みんな気にならないのかな?ってまじでいっつも思ってました。



唯一の仲良しの同僚がボクと同じくきれい好きでよかったなと改めて思い返しました。


とにかく、コールセンターの職場環境は嫌なこと・汚いところが多いです!

空調はしっかり完備されているので、その点だけは外勤のお仕事と比べるといいかもしれないですね。

ヒカル

あと一つありました。椅子がきれいだったコールセンターを見たことがないです。


以上。

その③:細かいけど地味に嫌なこと5つ

細かいけど地味に嫌なこと5つ


コールセンターの職場環境で地味に嫌なこと5つあげていきます。


①ロッカー制度
②透明の小物入れ
③時間で管理される
④ヘッドセット問題
⑤隣の席の人


さくっと順番に説明していきます。

①ロッカー制度


コールセンターの職場は個人情報を扱うため、携帯や電子機器の持ち込みが一切不可です。


そのため、カバンの持ち込み自体禁止されているので、いちいちロッカーに荷物を入れておかないといけないです。


ロッカーが近いところであればまだラッキーですが、ロッカーだけフロアが違うなど遠い場合はかなり面倒です。


あと、ロッカーのサイズが小さいと地味にストレスです。

②透明の小物入れ


財布やお菓子は職場内にも持ち込みできるのですが、そのときに必ず透明の袋を使わないといけないという謎のルールがある会社もあります。


財布だけなら透明の袋いらなくないか?って思うのですが、会社のルールです。従いましょう!

ヒカル

変なプライドかもしれないですが、まじであの透明袋ダサいです。

③時間で管理される


コールセンターによっては時間で管理されているところがあります。


例えば離席するときは①のステータス、トイレは②のステータス、小休憩は③のステータス


あなたが今なにをしているのか?トイレの使用回数・1回あたりの時間が長くないか?サボってないか?などなど、すべて時間で管理されているので、いちいちチェックが入ります。

ヒカル

けっこうストレスです。

④ヘッドセット問題


コールセンター経験者であれば、これはけっこう嫌なことに感じる人が多いんじゃないでしょうか。


自分のマイヘッドセットなのか、席ごとの共有のヘッドセットなのか問題です。


マイヘッドセットがあればいいのですが、共有のヘッドセットだとまじで乙です。あの人が昨日使っていたヘッドセットだと思うと・・・鳥肌レベルです。

ヒカル

あとはヘッドセット自体がダサいので、ボクはつけることそのものが嫌でした。


iPhoneのイヤホンみたいなのになればいいのにとずっと思っていましたが、コールセンター業界はずっとあのヘッドセットを使っていくのでしょうか・・・

⑤隣の席の人


これはボクの中では、1日のすべてが決まるといっても過言ではありませんでした。


自分で席が選べればまだいいのですが、管理者から決められた席に座る制度のときに、隣の席がとんでもない人の場合は、その日の〇を覚悟していました。笑

大げさに聞こえるかもしれませんが、コールセンターの職場はまじでヤバい人が多いので、その辺はある程度覚悟しておいてくださいね。

■まとめ

まとめ


コールセンターの職場環境の嫌なことワースト3をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?


めちゃくちゃネガティブな内容だったかもしれませんが、あえてリアルなことを書きました。


一概にすべてのコールセンターの環境がそうとは言いませんが、ある程度確率は高いと思っていた方がいいと思います。


近々、逆にコールセンターで働いて良かったことをメインに1つ記事を書く予定ですが、その2つを加味した上でコールセンターで働くか決められるといいと思います。

極論、実際に働いてみないと分からないこともあると思うので、今回の内容を知ってなおコールセンターに興味があれば、ぜひ一度働いてみるといいと思います。


これだけ言っておいてなんですが、悪いことばかりではないのも事実です。(※時給が高いとか、自由に働けるとか。)


ただ、今回のこの記事であなたに知っておいて欲しかったことは以下の内容です!


①コールセンターは生理的に無理な人が多い
②職場環境の空気すべてがわるい

【細かいけど地味に嫌なこと】
・ロッカー制度
・透明の小物入れ
・時間で管理される
・ヘッドセット
・隣の席の人


少しでも参考になれば幸いです。ぜひ次の記事もあわせて読んでもらえると嬉しいです!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


それではまたね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です